前回のつづきです。

小坂明さんのところにうかがった翌日
工房を見せていただきました。

小坂さんのめし碗を削る作業を
撮影させてもらいました。
ご覧ください。

IMG_3201.jpg
前の日にロクロで挽いためし碗

お手製の道具で仕上がりの高さを測ります。
IMG_3165.jpg

先ず、側面を鉋を使って削ります。
少し柔らかいかなと思える状態で削ります。
IMG_3171.jpg

そして、高台の内側。
IMG_3174.jpg

均一になったか手で調べます。
IMG_3177.jpg

IMG_3182.jpg
均一になるようにさらに削ります。
流れるような作業で見ていてうっとりします。

削り終えたら、
拭き漆で仕上げるためのベース作り。
表面を磨きます。
IMG_3192.jpg
最初は、水牛の角で出来たヘラで。

IMG_3197_20121107211827.jpg
次にスプーンの裏を使って全面をつるつるにします。

内側も、磨きます。
IMG_3160.jpg
金属のスプーンをつかって丁寧に。

出来上がったら、棚板に載せて乾かします。
IMG_3198.jpg

この器をサヤに入れて炭化焼成した後に、
漆を塗って低温で焼き付けたものが
黄色い鳥器店でも人気の「拭き漆」の器です。

スクリーンショット(2012-11-07 21.51.44)

焼き上がるとこんな感じのめし碗になります。
手に吸い付くような感触には、
ちょっとビックリさせられます。
このめし碗で食べるとごはんがとっても
おいしく感じます。


工房にはお手製の美しい道具がたくさん。
IMG_3131.jpg

工房からの眺め。窓の外は緑がいっぱいでした。
IMG_3208.jpg





11月9日(金)から始まる小坂明さんの器展。
そのうち合わせにこの夏、小坂明さんの工房を訪ねました。

高知空港で車を借り、先ず桂浜でこの方にご挨拶を
IMG_3078_20121106113410.jpg

した後、小坂さんの工房のある須崎市へ向かいます。

小坂さんのご自宅兼工房は、須崎の小さな半島の上にあります。
IMG_3216.jpg

リビングからの眺めは帰りたくなくなるほど。
IMG_3086_20121106113932.jpg

小坂さんの器でいただく枝豆。
器も目に美味しかったです。
IMG_3084.jpg

高知名物「チャンバラ貝」。
IMG_3092.jpg

器は最後の調味料と言います。いい器です。
IMG_3094_20121106113931.jpg


工房に初めてうかがって
小坂さんの器を見たとき、
ちょっと地味過ぎるかなと思いました。
それと黄色い鳥器店で扱うには
少し高級かもしれないと..。

そんな時、「食器棚にはいろんな作家の器があるけれど、
なぜか手にしてしまうのは小坂さんの器。
ほんとうに使いやすい器を作られるおススメの作家よ。」
と、小坂さんをご紹介してくださったギャラリーSUMIさんの
言葉を思い出して、とりあえず自分用に急須と湯呑みをいただいて帰ってきました。

あの時からわが家の食卓では小坂さんの器が
大活躍していいます。個展に通い
拭き漆のめし碗、長湯呑み、粉引きの中鉢
いろんな器を買い揃えました。

使う度にいい器だなーと実感させられます。
使いやすいということにこだわった時代に
流されない器ってこういうものなんだなと実感します。
SUMIさんに感謝です。


高知の美味しいものをいただいた後、
大きな楠があるご近所の神社へも案内していただきました。
IMG_3096_20121106113931.jpg

この大楠の木が、小坂さん家族がこの土地に住む
きっかけのひとつになったそうです。

続きは、また明日。
工房での小坂さんの制作風景をご紹介します。
お楽しみに。




5日目は、
福岡市街をぶらぶら。

そして、
おススメのおでん屋さん「安兵衛」へ。

IMG_1528.jpg
店主のトークがたのしいお店でした。

IMG_1532.jpg

IMG_1525.jpg
真黒な大根!美味しかったです。

6日目は、太宰府へ。
そのあと福岡空港から東京へ戻りました。

新しい出会いのある良い旅でした。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15