愛知/三重への仕入れの旅2日目は、瀬戸の作家さんの窯へ。

まず、
先日黄色い鳥器店を訪ねてくださった遠藤隆宣さんのところへ。

IMG_5528_convert_20110621053357.jpg

IMG_5530_convert_20110621053214.jpg

ひとつひとつ丁寧に作られたきれいな器です。
白磁の器を数点お願いしてきました。


遠藤さんのご紹介で、新道工房さんへ。
宮本さん夫妻も遠藤さんと同じく、瀬戸の窯業訓練校出身です。

IMG_6137_convert_20110621054644.jpg
新道工房さんといえば、染付けの器と思っていましたが、
ほかにもすてきな器がたくさん。
いくつかいただいてきましたので、黄色い鳥器店にもならびます。

IMG_6131_convert_20110621053759.jpg
九谷焼の器のカタチが面白いから絵を付けないお皿をと
作っていらっしゃる白い器シリーズ。
とても素敵でした。

IMG_6141_convert_20110621053840.jpg
鉄絵の器。

IMG_6156_convert_20110621053933.jpg
線彫りがすてきな灰釉のうつわ。
使い込むといい感じになりそうですね。




IMG_6114.jpg

瀬戸の窯業訓練校時代にお世話になった宝山窯の器。
「森の詩」シリーズ、黄色い鳥器店新登場です。

宝山の奥様・長江清子さんによる愉しい絵付けの小鉢です。
この森の詩シリーズは、清子さんのお義父さまがとても愉しく
ユニークな方だったそうで、その森おじいさんのことを
思い出しながら作ったのでこの名前が付けられたそうです。
きっとステキな方だったんだろうなと、この器を見て思いました。

明日から店頭に並びます。
ぜひ、お手にとってご覧になってみてください。
(数が少ないため、売り切れの場合はご予約にて承ります。)

ほかにも、
人気の編み目皿、小紋の取り皿などもいただいてきました。




そして、仕入れ旅のご報告。

一日目は、寺門広気さんを国立駅にてピックアップ。
中央高速道を愛知県瀬戸市に向けて出発しました。

5時間余の愉しいドライブの後、瀬戸の宝山窯さんに到着。
早速、私たちも一緒に大染付け大会。
寺門さんに「参りました〜」と言わせる絵付けを目指します。笑

寺門広気せんせいの絵付けの様子をほんの少し。
こんな感じですいすいといろんな絵が生まれてきます。
出来上がりがとっても楽しみ。
焼き上がった作品は、7月の寺門さんの個展に並ぶ予定です。

IMG_5589.jpg

IMG_5618.jpg

IMG_5647.jpg


写真はご主人の長江武良夫さん。
宝山窯の器は、武良夫さんがカタチをデザインしています。
こんな感じに施釉した器を窯に詰めていきます。美しいですね。

IMG_5644.jpg


そして、夜は瀬戸と言えば=焼き肉屋さんへ。
みんなで食べるおいしい夕食でした。






DSCF8807.jpg

毎週、月・水・木の5時〜5時半頃
黄色い鳥器店の前を自転車のお豆腐屋さんが通ります。

とても、おいしいお豆腐です。

夕方になると、どこからともなく
「ピ〜プ〜、ピ〜プ〜」と
お豆腐屋さんの笛の音が聞こえてきます。
音が聞こえると、おじさんを捕まえなくては!
と、いつもそわそわしてしまいます。

そして、おじさんが店の前を通ったら大声で呼び止め、
ついつい毎回買ってしまいます。
時には、お客さまと一緒に♪

お豆腐はもちろん、厚揚げがサイコー。
ちょっと炙って、しょうが醤油で、
召し上がってみてください。

お豆腐好きなお客さま、
月・水・金の5時ころにいらしてみてくださいね。

DSCF8809.jpg




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13